このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


◇有田陶器市◇

4月29日〜5月5日のゴールデンウィークに毎年開催される有田陶器市はゴールデンウイークのイベントとしては佐賀県内最大のイベントであり、期間中70〜80万人の人が訪れる。JR上有田駅からJR有田駅間の約4キロのメインストリートには約650店が軒を連ね、この期間は魚屋さんも自転車屋さんも八百屋さんも陶器屋に変身し、道の両側は陶器売場の露店がぎっしり並ぶ。


◇嬉野温泉◇

  伝説によると、その昔、神功皇后が戦いの帰りにこの地に立ち寄られ、川中に疲れた羽根を浸していた白鶴が、元気に飛び立つ様子をごらんになったそうです。そこで、戦いで傷ついた兵士を入れてみたところ、実は温泉が沸いていて、たちまち兵士の傷が癒えたのだとか。それを大変喜ばれた皇后が、「あな、うれしいの」と言われたことが、嬉野の地名の起源と伝えられています。


◇武雄温泉◇

透明でやわらかな湯ざわりが特徴の武雄温泉。1,200年以上も前から知られた古湯で、古くは神功皇后も入浴されたと伝えられ、天平年間に 編纂された「肥前風土記」の中でも紹介されています。温泉の入り口に立つ朱塗りの楼門は風格があり、武雄温泉のシンボルとなっています。


◇佐賀インターナショナルバルーンフェスタ◇

この大会は、1978年福岡県甘木市を中心に開かれた「バルーンフェスタin九州」という小さな熱気球大会が始まりでした。その後、より広くより飛びやすい場所を求めて、1980年から佐賀の地に会場を移し、これまで数多くの感動を生み、多くの皆様に支えられながら開催されてきました。
大会期間中、毎日実施されるバルーンの競技飛行(1日2回)。色鮮やかなバルーンたちが大空に向かって一斉に飛び上がる様子は圧巻です。


◇伊万里トンテントン祭り◇

伊万里トンテントン祭りは、伊万里川河畔にある伊萬里神社の御神幸祭であり、伊万里供日(いまりくんち)とも呼ばれ、毎年10月22日夜から24日にかけて行われています。御神幸祭の行事は、和魂を奉遷する白神輿と赤神輿(一般の祭りの神輿にあたるものでお供「おとも」と呼ばれる)が町内を巡行し、その後を荒魂を奉遷する荒神輿(あらみこし)と団車(だんじり)が町内各所で激しい合戦を繰り返しながら、最後は伊万里川に双方組み合ったまま落ちて上陸を競うというものです。この祭りは「けんか祭り」の名が示すとおり激しい祭りで、例年多数のケガ人が出ることでも知られています。


◇からつくんち◇

唐津供日の曳山行事は、通称「からつくんち」と呼ばれる唐津神社の秋季例大祭です。最大の特色は全国的に例をみない超大型の漆塗りの一閑張りという技法で造られた14台の芸術品・曳山を勇壮華麗に曳き回すところにあります。


◇ハウステンボス◇

ハウステンボスのコンセプトは「エコロジーとエコノミーの共存」。豊かな自然環境を守り育てることを大前提に、あらゆる都市機能を整備。自然の息づかいを肌で感じながら、現代人が快適に過ごすことのできる新しい住環境が誕生しました。

〒844-0014
佐賀県西松浦郡有田町戸矢甲1448
TEL:0955ー42-5560
FAX:020 4623 6763
青望庵

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Copyright (c), 2006 SEIBOUAN All Rights Reserved